どんな作業にも“確認”はつきもの“Confirmation” is always with every task

雨漏りの改善作業の中でよくある失敗として「浸入口の見落とし」があります。改善作業後の雨天時に雨漏りが再発することで気付くことになります。一つの原因箇所を発見し、その部分を改善する作業までは特に問題がなかったとしても、その原因の近くにもう一つの原因箇所があることは珍しくありません。しかし、散水状況や検査者の思い込みなどにより、その原因が見落とされている場合もあるのです。でも、それは、人が行っている作業ですからそういうこともあるでしょう。ただ、雨漏りを改善してほしいと願うオーナー様にとっては多少ショックかもしれません。長年の悩みだった雨漏りがやっと改善したと喜んだ矢先に再発したのですから。もちろん私たちは再度調査を実施の上、改善作業を継続することは言うまでもありません。ですが、出来れば、そういった気まずい状況は無いに越したことはありませんし、そういった流れにより信頼度が下がってしまう危険は排除しておいた方がいいに決まっています。そのために必ず実施させていただくのが「確認散水調査」です。実施した作業の結果を確認すると同時に別の問題が本当に無いと言うことまで確認しています。作業→確認→作業→確認、これは雨漏りの改善作業に限ったことではないですよね。お客様に対し、自信を持って商品をお届けするために「確認」は必須というお話でした。

One of the most common mistakes in remediation work is overlooking the entrance. In rainy weather after the improvement work, you will notice that the leaks recur. Even if you find no cause and work on improving it, it is not uncommon for another cause to be near the cause. However, the cause may be overlooked due to the condition of watering or the belief of the inspector. But that’s the kind of work that people are doing. However, it may be a little shock for owners who want to improve the leak. The rain leak, which had been a problem for many years, reappeared when I was pleased that it had finally improved. It goes without saying that we will conduct the survey again and continue the improvement work. However, if possible, there is nothing better than such an unpleasant situation, and it has been decided that it is better to eliminate the danger of losing reliability due to such a flow.

The “confirmation watering survey” must be implemented for that purpose. We check the results of the work we’ve done and at the same time confirm that there is really no other problem. Work → check → work → check, this is not limited to work to improve rain leakage. It was said that “confirmation” was essential to deliver products to customers with confidence.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA